history 歴史

古代から全国の国分寺の中で最大級の規模を誇った武蔵国分寺は、
政治と文化の中心地として栄えていました。
数々の史跡が大切に保存されています。

森の思想「尊敬」過去へこころ開く場所

約1200年の歴史を刻む「武蔵国分寺」

「西国分寺」駅から南に伸びる史跡通り界隈からは、縄文時代の遺跡が発見され、紀元前10世紀以上の昔から人々の生活が、この地で営まれていたことを知ることができます。
本物件の南東側には、奈良時代中頃に建てられた武蔵国の国分寺の遺跡・武蔵国分寺跡があり、国の史跡に指定されています。
この史跡指定地内では尼寺地区とともに、整備が完了し、
2008年4月に市立歴史公園・史跡武蔵国分寺跡として七重塔跡も含めて開園されています。
この武蔵国分尼寺跡と、伝鎌倉街道に隣接した地には、黒鐘公園が広がります。
桜の名所となっている緑豊かな園内は、高低差のある地形を利用したすべり台やクライミングウォールが設置され、休日は家族連れで賑わっています。
黒鐘公園(約700m)に隣接し北方向に伸びる伝鎌倉街道は、鎌倉時代に鎌倉と各地を結ぶ主要道の一つで、 鎌倉以前の幹線道路・東山道と重なる道が現在のこの鎌倉街道にあたります。
当時は、周辺諸国の武士団や物資を運ぶ重要幹線道路でした。
さらに、この道の北方向には姿見の池があります。
姿見の池の由来は、鎌倉時代に恋ヶ窪が鎌倉街道の宿場町であった頃、人々が自らの姿を映していたという言い伝えによるものです。

清流を湛えた国分寺崖線上の、伝統と歴史が宿る場所

〈ザ・ライオンズ武蔵国分寺公園〉の南側の地にある武蔵国分寺は、
聖武天皇が741年頃に仏教の力で民衆を救おうとして建立され、全国でも最大級の規模を誇る国分寺でした。
国府があった府中に近いこともあって、国分寺は武蔵国の政治と文化の中心地として栄えていました。
鎌倉時代になると、国分寺の街は鎌倉と各地を結んだ鎌倉街道の宿場町として、多くの人や物資が行き交いました。
国分寺崖線と雑木林が広がる、武蔵野の本格的な開発がはじまるのは江戸中期以降。
今では、この新田開発の名残で、国分寺市内の農地は整然とした区画が広がっています。
昭和30年代以降になると、宅地開発が進み武蔵国分寺の遺跡が次々と発掘。
発掘が進むにつれて、創建当時の姿がだんだんと明らかになり、
その成果は西元町にある武蔵国分寺跡資料館(約550m)で公開されています。

森の思想「恩恵」瞳を癒す潤いの環境

国分寺の自然と歴史の源を巡る

〈ザ・ライオンズ武蔵国分寺公園〉の東側には、
武蔵国分寺公園(約190m)が広がっています。
公園北側にある泉地区では、一周500mの「円形芝生広場」 を
中心にしてケヤキなどの木々が生い茂り、
「武蔵野の池」や「霧の噴水」が配されています。
南側の西元地区では、「こもれび広場」を中心に休憩所や「野鳥の森」があり、
真姿の池やお鷹の道につづいています。
たっぷりとした樹木と広場は、森がもつ四季の移り変わりや
自然の息吹を伝えてくれます。
さらに、本公園の西側には東山道武蔵路があり、これは古代(8世紀頃)に
都と各国府を結んでいた官道の一つ、東山道の支道跡で、
本物件の隣接地でも公園として整備されています。
日々の暮らしのなかで、緑にあふれた武蔵野の地の魅力を
十分に享受できる立地です。

国分寺市立第四小学校(約150m)

「解放・共生・交流」をキーコンセプトとして、間仕切りのないオープンスペースが活用された学年経営を、国分寺市ではじめて採用された小学校。屋上緑化、太陽光発電、風力発電などが採り入れられ、エコロジーに積極的に取り組んだ、地球環境にやさしい教育環境が整っています。

武蔵国分寺公園(約190m)

武蔵国分寺公園の北側の円形芝生広場は、災害時の避難広場となっています。透水性の舗装道路等で雨水の地下浸透を図り、湧水の保全に寄与されています。南側地区は、国分寺崖線の水源の維持を図る「保全ゾーン」であり、さまざまな樹木が利用された樹林広場となっています。

武蔵国分寺(約460m)

現存する武蔵国分寺は、医王山国分寺と称し、新義真言宗豊山派の寺院となっています。1733年に再建されたもので、本尊は薬師如来で、国指定の重要文化財となっています。

万葉植物園 (460m)

国分寺が建立された頃に万葉集が編まれたことから、 約8,019m²の園内には、万葉集で詠まれている草木のうち約160種が植えられています。植物と詠まれた歌によって、当時の詠み人を偲ぶことができます。

お鷹の道 (約500m)

お鷹の道は、国分寺崖線の湧水を集めて野川にそそぐ清流沿いの小道。これはこの地が江戸時代の徳川家の鷹場であったことに由来し、昭和47~48年に国分寺市が遊歩道として整備しています。

真姿の池湧水群 (約690m)

環境省の「名水百選」に選定(昭和60年)された 真姿の池湧水群は、東京都の都市計画国分寺緑地に指定されています。東京を代表する湧水の価値を文化財として評価された、最初の自然地理的名勝でもあります。

国分寺緑地 (約270m)

武蔵国分寺公園の南側に隣接する国分寺緑地には、武蔵国分寺跡をはじめ、お鷹の道や真姿の池があります。国分寺崖線の湧水と深緑が自然の憩いの空間を形成し、「文化を巡る散歩道」にもなっています。

国分寺崖線

国分寺崖線は10万年以上の歳月をかけて、多摩川が武蔵野台地を削り取ってできた段丘です。周辺には、樹木や湧水などが多く残り、人間や生物にとって重要な潤いの空間となっています。また、この崖線に沿って「深大寺」をはじめとした、名だたる邸宅街が並んでいます。
※上記の内容は分譲当時のパンフレットに記載されている内容を基に掲載しております。