concept コンセプト

「森の思想」を形成するに相応しい、
恵まれた自然と奥深い歴史が宿る地。
魅力を秘めたエリアに
〈ザ・ライオンズ武蔵国分寺公園〉はそびえます。

「森の思想」に生きる

古来より人は、森に学び、自然と共に生きてきました。
自然は、自らの環境内で共存し、「森の思想」をベースにしながら、循環と存続を果たしています。
〈ザ・ライオンズ武蔵国分寺公園〉は、国分寺が持つ素晴らしい風土と歴史との共存をベースにして、
未来へと「持続する住まい」となっています。
この地を愛し、「森の思想」 が生かされた〈ザ・ライオンズ武蔵国分寺公園〉。
武蔵国分寺公園(約190m)に近接するこの地に、
次代への継承を果たす集合邸宅で、家族の未来が豊かに育まれます。

THE LIONS

〈ザ・ライオンズ〉の名を冠したマンションは、
大京のフラッグシップブランドとして資産性、利便性、安全性、カスタマイズ性、
快適性、先進性などの厳しい「品質水準」を満たしたプロジェクト。
国分寺市の承認※を受けた集合住宅として〈ザ・ライオンズ武蔵国分寺公園〉は誕生しました。
※本物件は、旧国分寺市立第四小学校跡地・西地区における「医療・福祉施設」複合型マンションの事業化コンペにおいて、2007年11月に当選を果たしたプロジェクトです。

「森の思想」の根幹を成すもの

さまざまな生物が、森のなかで循環していくという思想があります。
この「森の思想」の考え方の基本は、「生命は一つ」ということです。
このことは、現在の自然科学によって、DNAという形で証明されています。
このDNAは、人間にも動物にも植物にも共通にあり、
これは、生命が一つだということのなによりの証明となっています。
生物は生まれ、絶え、そしてまた生まれてを繰り返します。
しかし、個体は絶えれど、遺伝子DNAは永遠に持続し生き残るのです。
そのように考えると、植物や動物の命を尊敬し、同時に彼らが住む森を
慈むことが存続のための基本となります。
すなわち、「共生と循環」を大切にして生きていくこと。
それこそが、「森の思想」の根幹を成すものです。

森の思想「尊敬」過去へこころ開く場所

〈ザ・ライオンズ国分寺公園〉の界隈には、古代からの歴史と伝統が息づき、
近隣には、武蔵国分寺やお鷹の道、真姿の池など、
さまざまな歴史的建造物や史跡があります。
こうした、こころ開く場所で、人々は伝統に対して、
尊敬していく気持ちを自然と養うようになりました。

森の思想「恩恵」瞳を癒す、潤いの環境

武蔵野の恵まれた自然に包まれて誕生した〈ザ・ライオンズ武蔵国分寺公園〉。
近接地には、約10万8,000m²の広さを擁する武蔵国分寺公園や、
国分寺緑地(約270m)の豊かな緑が広がり、崖線からの清らかな湧水が、暮らしに潤いをもたらします。
この周辺の自然の恵みが、ひとみを癒す環境を生みだしていきます。

森の思想「景観」武蔵野に学ぶ造形

〈ザ・ライオンズ武蔵国分寺公園〉の周囲に広がる武蔵野の風土を、
国分寺の邸に相応しい風格の表現に役立てています。
自然と伝統を反映したランドスケープが、武蔵野に学ぶ造形として、
それ自体の創造領域を広げていきます。

森の思想「継承」明日へつづく共生邸宅

〈ザ・ライオンズ武蔵国分寺公園〉は、国分寺の恵みを受け、その継承を図っています。
明日へつづく共生邸宅として、地域に根付いていく様なプランが導入され、
人々の営みとともに、次世代へ受け継いでいく施設が織り込まれています。
敷地東側の隣接地には東山道武蔵路が整備され、
歴史を慈しみつつ伝統を未来へと継承しています。
※上記の内容は分譲当時のパンフレットに記載されている内容を基に掲載しております。